本文へ移動

1.住民参加による支え合いネットワークの推進

(1)ほのぼのコミュニティ21推進事業

 住民参加による地域福祉活動を地域の実情に即し総合的に推進することにより、高齢者や障がい者をはじめ、誰もが共に支え合い住み慣れた地域の中で安心して暮らせるような地域福祉社会を構築することを目的とする。
 ・ほのぼの交流協力員事業
 ・ほのぼの交流協力員会議の開催
 ・ほのぼの通信の発行(年1回)

(2)緊急通報システム「福祉安心電話サービス」事業

 県社協が実施主体となり、町福祉課との連携により在宅の一人暮らし高齢者及び高齢者夫婦世帯並びに、障がい者等の自宅へ、緊急通報装置端末機本体と火災報知機を設置し、近隣に住む協力員や関係機関とのネットワークにより、緊急時の対応と心配ごとの解消を図ることを目的として24時間体制で対応します。

(3)生活支援・介護予防体制整備事業

 高齢者等が住み慣れた地域でつながりや生きがいを持ちながら生活できるように、地域社会からの孤立を防ぎ、住民や関係機関が助け合い活動のネットワークを構築し、生活支援・介護予防サービスの充実を図るとともに、地域の特色に合った支え合いづくり(住民主体の自発的活動)を推進する。
 ・地域づくりフォーラムの開催
 ・福祉ミーティングの開催
 ・「あづまりっこ」の開催
 ・地域支え合い会議の開催
 ・住民主体の通いの場(100歳体操)への訪問
TOPへ戻る